「飲酒運転検出装置」(出願中)

2021.09.13

「飲酒運転検出装置」(出願中)

この装置は、ドライバーの呼気に含まれて発せられた⾞内のアルコール濃度を常時測定し、基準値を超えると警告します。管理サーバへ測定データをリアルタイム送信するため、運⾏管理者からドライバーへの注意喚起できます。⼀般的には、運転前のドライバが能動的にアルコールチェックする形式になり、それ以降のチェックはドライバに依存することになりますが、本装置であれば、運転中は継続的に監視を⾏える点が特徴です。

PDFをダウンロード

特許に関する記事